Nonnie in the Garden
英国ヨークシャー発Nonnieのハッピー カントリーライフ

クリームティー☆スコーン

200409.jpg

イギリスといえば、アフタヌーンティーが有名ですよね。
3段重ねのケーキスタンドにスコーン、ケーキ、サンドウィッチが美味しそうに並んでいて、お好みのお茶を頂きながら午後のひとときを過ごします。

でも、もっと気軽に午後のお茶が楽しめるクリームティーというものがあります。
クリームティーはスコーンにクロテッドクリーム(デボンシャークリーム)とジャムが添えられているものです。

スコーンは日本でもすっかりおなじみですね。
最近はジャージー牛から作られるクロテッドクリームも日本で手に入ると聞きました。

スコーンの作り方はとっても簡単です。
自分で作ったお菓子とともに頂くお茶は格別ですよね。

今日はスコーンのレシピを紹介します。

分量:約15個

小麦粉          500g
ベーキングパウダー   30g
砂糖            60g
バター(無塩)      100g *冷蔵庫でよく冷やしておく。
ミルク          200g *冷蔵庫でよく冷やしておく。 
生クリーム        100g *生クリーム無しで作る場合、ミルク300g
レーズン、ドライフルーツ等、お好みで。

オーブンを160℃に暖めておく。

①小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖をボールに入れ、軽く混ぜ合わせる。
②冷たいバターを適当に6等分くらいに切って、①のボールに入れる。
③フォーク、または指を使ってバターと小麦粉類がサラサラになるまで混ぜ合わせる。バターのダマができたら、指でよくほぐし、小麦粉類と混ぜ合わせる。バターが温まって柔らかくならないようにできるだけすばやくするのがコツ。

200401.jpg
(サラサラの細かいパン粉状態がベスト)

④冷たいミルク(またはミルク+生クリーム)を9割くらい、一挙に③の粉類に加える。
200402.jpg

⑤生地が固い場合、残りのミルクを少しづつ加える。ここでレーズンやドライフルーツを50g程(お好みの量で)加える。
200403.jpg

⑥耳たぶより少し固め程度の生地になればOK。
200404.jpg

⑦生地を丸くまとめる。
200405.jpg

⑧麺棒で厚さ約1.5cmに延ばす。
200406.jpg

⑨ペーストリーカッターで好みの大きさにくり貫く。このとき生地がカッターに付くようなら、生地は柔らかすぎ。冷蔵庫に入れ、少し寝かす。

⑩表面にタマゴの黄身、またはミルクをブラシで塗る。私は素朴な感じが好きなので、ミルクで。
200407.jpg

⑪オーブンの温度160℃で約20分~25分、表面にきれいな焼き色がついて持ち上げたとき軽い感じがしたら焼き上がり。??の場合、ひとつ手で割ってみて焼き上がりチェックしてみるのもOK。
*ファンオーブンの場合、約15分~17分
200408.jpg

スコーンは焼きたてもいいんですが、私は少し冷めて固くなったぐらいの方が風味が良い気がします。
または、完全に冷えたのをまたオーブンで少し暖めなおしたのも美味しいです。

ストロベリージャムやラズベリージャムを付けるのが主流ですが、お好みのジャムで。マーマレードはあまり合わない気がします。ベリー系のジャムとクロテッドクリームをたっぷりつけて、その日の気分でお好きなフレーバーのお茶と共にお楽しみくださいませ。

ちなみに、今日の私のお茶は Taylors of Harrogate China Rose Petal
ローズの花びらが入っていて、とても素敵な香りなんです。

200410.jpg

ちなみにヨークシャーティーで有名なTaylors of Harrogateはわが街ハロゲート自慢のお茶の会社なんです♪

にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

スーとエピヌのドッグブログ「Chez Nonnie & Epinu」も更新中です。
スポンサーサイト

Comment

どうすればこんなにおいしそうなスコーンができるんですかーe-420
以前スコーン作った時は全然Nonnieさんみたいにできなかったです・・・さすがですe-455Nonnieさんのレシピに沿って作ればちょっと近づけるのかしらe-78
エピヌちゃん&スーちゃんにまぎれて一緒におこぼれに預かりたくなりますe-68
2010.04.24 16:50 | URL | Yucks #Je.wWrh6 [edit]
Yucksさん
わーい、Yucksさんだ~
コメントありがとうございます。

こっちのブログはまだ立ち上げたばかりで内容が無いよう(爆)。

YucksさんはAUSにいたからご存知だと思いますが、日本のオーブンは火力が弱いというのか繊細というのか。こっちのオーブンっ大雑把というのか、たぶんスコーンもそういうオーブンで焼くほうが良く焼けるのかもしれません。
だって、私も日本の実家でパンやお菓子を焼くとなんかシックリした出来栄えにならないんです。あと、小麦粉とかバターとかも違うからかなぁ。日本の小麦粉の方がキメが細かいというのか。。フランスの小麦粉の方が日本の小麦粉に近い感じがしました。
とりあえず、お暇がある時にでも、このレシピで作ってみてくださいね。(今日は仕事でも沢山スコーン作りましたが、私のレシピとちょっと違くて、割としっとり系の焼き上がりなんです。それも美味しいんですけどね。)
2010.04.26 00:41 | URL | Nonnie #- [edit]
⑥番の写真、下から見上げてるワンちゃんがキュート過ぎますッ♪
それにしても、ほんとにおいしそうなスコーンですね!
わたしもこちらのレシピで、ぜひ挑戦してみようと思います^^
クロテッドクリーム、日本でも手に入りますが
高いんですよね~(汗
でも、あの濃厚なお味、一度食べて病み付きになっちゃって
特別な日だけ、自分へのご褒美に買ってます~^^
Nonnieさんのお写真に写ってるお菓子作りの道具
どれもこれもオシャレで憧れちゃうなぁ~(*^^*)
2010.04.29 00:00 | URL | 森野うさぎ #- [edit]
森野うさぎさん
こんにちは~

見上げてるワンコは長女のスー(スクラフィー)です。この子はマミーにべったりの子なので、いつも側にいるんです。(たぶん、おこぼれを狙っている!)
クロテッドクリーム、やっぱり高いんですね。
ホイップした生クリームだと、スコーンにはちょっと軽すぎるんですよね。クロテッドクリームの重いというのか濃厚さとジャムの甘さのハーモニー♪がたまりませんよね。
お菓子作りの道具ですが、ペストリーカッターはスーパーで50ペンス(100円?)買ったもので、ちょっとペナペナなんです。金属のカッターも持っているんですけど、こっちのほうがやっぱり切れ味抜群(笑)
ブラシも確か200円か300円くらいの安もんです。(笑)でも、褒めて頂けてうれしいです。v-290
2010.04.29 21:22 | URL | Nonnie #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nonniegarden.blog14.fc2.com/tb.php/6-3263e4f7

profile

Nonnie

Author:Nonnie
英国北ヨークシャー在住。
N.Z出身の旦那&
JRTの娘達(Epinu&Sue)の4人暮らし。
職業:シェフ兼パティシェ&Nonnie's Kitchenクッキングレッスン主催

clover-clock

decoboko.jp

calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

What's new?

category

My Garden (25)
Walk in the Park (15)
Today's Lunch (4)
Recipe (8)
Excursion (10)
My work (5)
Other Garden (1)
Daily life (23)
Lessons (6)

comment

monthly archives

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

LINK

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。